データ型

概要

Kotlinとデータベースのデータ型の対応関係について説明します。

ダイアレクトのデータ型

データ型に関するKotlinとデータベースのデフォルトの対応関係は利用する ダイアレクト によって決まります。

ユーザー定義のデータ型

独自に定義したKotlinのデータ型とデータベースのデータ型をマッピングさせるには、 Service Provider Interfaceの仕様に則ったクラスの作成と登録が必要です。

例えば、次のようなexample.AgeというKotlinのデータ型をデータベースのINTEGER型にマッピングするとします。

package example

data class Age(val value: Int)

JDBCの場合

マッピングを実行するクラスをorg.komapper.jdbc.spi.JdbcUserDefinedDataTypeを実装して作成します。

package example.jdbc

import example.Age
import org.komapper.jdbc.spi.JdbcUserDefinedDataType
import java.sql.JDBCType
import java.sql.PreparedStatement
import java.sql.ResultSet
import kotlin.reflect.KClass

class AgeType : JdbcUserDefinedDataType<Age> {
    override val name: String = "integer"

    override val klass: KClass<Age> = Age::class

    override val jdbcType: JDBCType = JDBCType.INTEGER

    override fun getValue(rs: ResultSet, index: Int): Age {
        return Age(rs.getInt(index))
    }

    override fun getValue(rs: ResultSet, columnLabel: String): Age {
        return Age(rs.getInt(columnLabel))
    }

    override fun setValue(ps: PreparedStatement, index: Int, value: Age) {
        ps.setInt(index, value.value)
    }

    override fun toString(value: Age): String {
        return value.value.toString()
    }
}

上述のクラスは次の名前のファイルに登録します。

  • META-INF/services/org.komapper.jdbc.spi.JdbcUserDefinedDataType

ファイルには次のようにクラスの完全修飾名を記載します。

example.jdbc.AgeType

この例では1つのクラスのみを登録していますが、行を分けて記載すれば複数のクラスをまとめて登録できます。

R2DBCの場合

マッピングを実行するクラスをorg.komapper.r2dbc.spi.R2dbcUserDefinedDataTypeを実装して作成します。

package example.r2dbc

import example.Age
import io.r2dbc.spi.Row
import io.r2dbc.spi.Statement
import org.komapper.r2dbc.spi.R2dbcUserDefinedDataType
import kotlin.reflect.KClass

class AgeType : R2dbcUserDefinedDataType<Age> {

    override val name: String = "integer"

    override val klass: KClass<Age> = Age::class

    override val javaObjectType: Class<*> = Int::class.javaObjectType

    override fun getValue(row: Row, index: Int): Age? {
        return row.get(index, Int::class.javaObjectType)?.let { Age(it) }
    }

    override fun getValue(row: Row, columnLabel: String): Age? {
        return row.get(columnLabel, Int::class.javaObjectType)?.let { Age(it) }
    }

    override fun setValue(statement: Statement, index: Int, value: Age) {
        statement.bind(index, value.value)
    }

    override fun setValue(statement: Statement, name: String, value: Age) {
        statement.bind(name, value.value)
    }

    override fun toString(value: Age): String {
        return value.value.toString()
    }
}

上述のクラスは次の名前のファイルに登録します。

  • META-INF/services/org.komapper.r2dbc.spi.R2dbcUserDefinedDataType

ファイルには次のようにクラスの完全修飾名を記載します。

example.r2dbc.AgeType

この例では1つのクラスのみを登録していますが、行を分けて記載すれば複数のクラスをまとめて登録できます。

データ型の変換

データ型を他の型に変換してアプリケーションで扱うには Service Provider Interfaceの仕様に則ったクラスの作成と登録が必要です。

例えば、Intをアプリケーションでは次のようなexample.PhoneNumberとして扱うものとします。

package example

data class PhoneNumber(val value: Int)

変換を実行するクラスをorg.komapper.core.spi.DataTypeConverterを実装して作成します。

package example

import org.komapper.core.spi.DataTypeConverter
import kotlin.reflect.KClass

class PhoneNumberTypeConverter : DataTypeConverter<PhoneNumber, Int> {
    override val exteriorClass: KClass<PhoneNumber> = PhoneNumber::class
    override val interiorClass: KClass<Int> = Int::class

    override fun unwrap(exterior: PhoneNumber): Int {
        return exterior.value
    }

    override fun wrap(interior: Int): PhoneNumber {
        return PhoneNumber(interior)
    }
}

上述のクラスは次の名前のファイルに登録します。

  • META-INF/services/org.komapper.core.spi.DataTypeConverter

ファイルには次のようにクラスの完全修飾名を記載します。

example.PhoneNumberTypeConverter

この例では1つのクラスのみを登録していますが、行を分けて記載すれば複数のクラスをまとめて登録できます。

Value class

value classを利用する場合、value classの内側の型がマッピングに利用されます。

kotlinx-datetimeのサポート

Komapperは kotlinx-datetime の以下のデータ型をサポートします。

  • kotlinx.datetime.Instant
  • kotlinx.datetime.LocalDate
  • kotlinx.datetime.LocalDateTime

これらの型を利用するには、Gradleの依存関係の宣言で次のように宣言してください。

dependencies {
    implementation("org.jetbrains.kotlinx:kotlinx-datetime:0.3.2")
}

また、komapper-datetime-jdbcもしくはkomapper-datetime-r2dbcを追加してください。

val komapperVersion: String by project
dependencies {
    runtimeOnly("org.komapper:komapper-datetime-jdbc:$komapperVersion")
}
最終更新 July 26, 2022: Introduce DataTypeConverter (33a631d)