ダイアレクト

概要

ダイアレクトはデータベースやドライバの差異を吸収します。 ダイアレクトの代表的な機能はKotlinとデータベースの型の対応関係を解決することです。

ダイアレクトを表すクラスは個別のモジュール(Artifact)に含まれており、 どのモジュールを利用するかは接続先データベースや接続タイプに合わせて選択する必要があります。

Database Type Artifact ID Dialect Class
H2 Database Engine JDBC komapper-dialect-h2-jdbc H2JdbcSqlDialect
H2 Database Engine R2DBC komapper-dialect-h2-r2dbc H2R2dbcSqlDialect
MariaDB JDBC komapper-dialect-mariadb-jdbc MariaDbJdbcDialect
MySQL JDBC komapper-dialect-mysql-jdbc MySqlJdbcDialect
Oracle Database JDBC komapper-dialect-oracle-jdbc OracleJdbcDialect
Oracle Database R2DBC komapper-dialect-oracle-r2dbc OracleR2dbcDialect
PostgreSQL JDBC komapper-dialect-postgresql-jdbc PostgreSqlJdbcDialect
PostgreSQL R2DBC komapper-dialect-postgresql-r2dbc PostgreSqlR2dbcDialect
SQL Server JDBC komapper-dialect-sqlserver-jdbc SqlServerJdbcDialect
SQL Server R2DBC komapper-dialect-sqlserver-r2dbc SqlServerR2dbcDialect

ダイアレクトを利用するにはGradleの依存関係の宣言の中で上述のArtifact IDを記述します。

val komapperVersion: String by project
dependencies {
    implementation("org.komapper:komapper-dialect-h2-jdbc:$komapperVersion")
}

H2 - JDBC

データ型の対応関係

H2 - R2DBC

データ型の対応関係

MariaDB - JDBC

データ型の対応関係

MySQL - JDBC

データ型の対応関係

Oracle - JDBC

データ型の対応関係

Oracle - R2DBC

データ型の対応関係

PostgreSQL - JDBC

データ型の対応関係

PostgreSQL - R2DBC

データ型の対応関係

SQL Server - JDBC

データ型の対応関係

SQL Server - R2DBC

データ型の対応関係

最終更新 June 12, 2022: Add data-type.md (e6e16c4)